バルシビルとは

バルシビルとは単純ヘルペスウィルスや帯状疱疹のウィルスを抑制してくれる効果がある治療薬です。
バルトレックスという治療薬のジェネリック医薬品になるのですがインドの製薬会社、シプラ社が製造、販売しています。
単純ヘルペスや帯状疱疹の他に口内炎、水ぼうそう、性器ヘルペスの治療にも服用されます。
有効成分である塩酸バラシクビルが、ヘルペスウィルスを阻害してくれる働きをします。
初期段階で服用すれば、およそ1週間から2週間程度で治療できると言われてます。
ヘルペスの薬として、アシクロビルという治療薬が有名ですが、しかし、バルシビルの有効成分は、アシクロビルにバリンが結合されてまして、体内吸収が高いです。そして体内でもより効率的に働くことが可能です。
そのため、アシクロビルより即効性と高い効果が期待できます。早めに治療したい方にはかなりお勧めです。
ヘルペスはですね、一回治療できても再発する恐れがあります。そのための予防薬としてもお勧めでします。
ジェネリック医薬品て何が違うの?と思いかもしれませんが、言葉的には一般的なという意味です。
効能や安全性が確かな医薬品のことで、新薬と同じ有効成分で作られてます。そして新薬と比べて費用がかなり安く済みます。
バルトレックスはですね吸収率が良く、高い効果も期待でき、副作用も少ない治療薬と言われてます。
しかし、効果が期待できる分、こちら、保険適用でも1錠あたり550円と言われてます。
1日2回飲んでも1100円しますのでかなり高価な薬ですね。飲み続けるにはかなりの出費がかかります。
その点バルシビルは同じ有効成分、同じ効果が期待できて、それでいて6割から7割程度の価格で購入できます。かなり購入しやすくなりますね。
そして個人輸入もできますので、通院せず、インターネットなどでの購入も可能です。
ただ、副作用としても新薬と同じように、下痢や吐き気など出る場合もあるとのことです。
同じ成分、同じ効能ならばしょうがないですね。
心配な場合はですね、服用間隔などを開けたりして、様子を見て、病院へ相談に行ったほうがいいと思います。
一度ヘルペスになって、再発予防のために飲み続けたいという方は、価格が安価で購入できるジェネリック医薬品、こちらをチェックしてもいいと思います。
そしてですね、かならず、用量、用法守って服用するようにお願いします。効果のために過剰な投与は避けてください。